効果(画像処理フィルター)のアイコン

効果(画像処理フィルター)

バージョン 1.4.2 から、搭載された「効果」を使うと、写真やイラストを、見やすく調整したり、ちょっと変わった見方で楽しめます。効果は、グラフィックカードの ピクセルシェーダー により処理されるので、非常に高速です

※ パソコンに搭載されているグラフィックカード (表示を担当する部品) の性能にもよりますが、普通は、一瞬で処理されます。また、動作には、Pixel Shader 2.0 以降に対応したビデオカードが必要です。

アンシャープマスク

画像をシャープ (先鋭化、解像感を高めること) にできます。「超解像」などと呼ばれている機能は、この機能の一種です。↓のサンプルは、違いを際立たさるために、強めの処理 (量: 5) が施されています。(詳しくはこちら)

アンシャープマスク (適用前)
アンシャープマスク (適用後)

アンシャープ画面で、マイナスの量を指定すると、逆にぼかすことができます。(詳細)

アンシャープマスク、ぼかし

モザイク

写真やイラスト全体にモザイクをかけます。利用できるモザイクのサイズは、1 〜 4 ピクセルです。また、グリッド表示のあるなしも変更できます。(詳しくはこちら)

モザイク (適用前)
モザイク (適用後)

モザイクのサイズを 1 にするとモザイクがかからないので、グリッド表示のみにすることもできます。(詳細)

モザイク、グリッドのみ

カラーバランス

写真やイラストの色調を調節する機能です。もともとの色の値を数倍するだけなので、大規模な調整はできませんが、少し整える程度なら十分です。(詳しくはこちら)

カラーバランス (適用前)
カラーバランス (適用後)

レベル補正

写真の暗部や明部の情報を切り捨てて、写真のコントラストを拡大します。どの程度切り捨てるかは、レベル補正画面で変更できます。特に、明部や暗部に情報をもたない画像では見やすさのみを向上させることができます。(詳しくはこちら)

レベル補正 (適用前)
レベル補正 (適用後)

モノクロ化

モノクロ写真のように白黒256階調に変更して表示します。

モノクロ化 (適用前)
モノクロ化 (適用後)

色調反転

色調を反転し、カラーネガのような色で表示されます。モノクロ化を並用するとモノクロ写真のネガのようになります。

色調反転 (適用前)
色調反転 (適用後)

反転

上下、左右に反転して表示します。90°回転や270°回転はできません。

反転 (適用前)
左右反転 (適用後)
上下反転 (適用前)
180°回転 (適用後)

スポットライト

画面の一部にスポットライトが当たったような効果を加えます。スポットライトは、マウスカーソルを中心に動くので、例えば、プレゼンテーションで注目してもらいたい場所を、わかりやすく示すことができます。(詳しくはこちら)

スポットライト (適用前)
スポットライト

今すぐ、無料ダウンロード

ミルノ PC フォトフレーム ダウンロード

ご意見・ご要望など

ご意見・ご要望などは フォームメール から送信してください。
更新情報は、 ブログ でも配信してます。

共有