ページ切り替え効果 (トランジション)のアイコン

ページ切り替え効果 (トランジション)

映画などでシーンががらりと変わる場合に、なめらかに繋ぐ方法として、オーバーラップ(O.L.)や、フェードイン(F.I.)、フェードアウト(F.O.)などがあります。ミルノ PC フォトフレームではこれらの効果をページ切り替え時に与えることができます。

オーバーラップ

オーバーラップでは、次のページへ画像を段階的に変化させます。(下図参照)

余談ですが、アニメーションの場合、重なった部分で倍作画が必要になるので、あまり利用されていない模様です。30分の作品で常にオーバーラップしてるとすると (そんなわけないありませんが!) 1時間分作画する必要があります。

写真閲覧ソフト「ミルノ PC フォトフレーム」

フェード

ミルノ PC フォトフレーム では画面が段階的に真っ暗になってから次のページが段階的に表示される効果をフェードと呼んでます。一般的には、段階的に1色で塗り潰された状態になるのがフェードアウト、1色の状態から次の場面が段階的に表示されるのをフェードインといいます。映画では、場面が切り変わると同時に時間も経過する場合によく使われる効果です。

※ 特に1色に黒を使用した場合、ブラックアウト、ブラックインと呼ぶこともあります。

写真閲覧ソフト「ミルノ PC フォトフレーム」

フェード (背景色)

黒の代わりに、他の色でフェードすることもできます。ミルノ PC フォトフレームでは、フェード (背景色)を選択すると、背景色を使用してフェードが行われます。下の動画では背景色に白を使用しているので、白を使用してフェードしています。

※ 特に、白を使用したフェードを、ホワイトイン、ホワイトアウトと呼ぶことがあります。
※ 1.4.1 以降のバージョンでは、背景画像を指定した場合、背景色のかわりに背景画像が使用されます。

写真閲覧ソフト「ミルノ PC フォトフレーム」

スクロール

次のページへ下方向にスクロールします。 映画ではあまり使われませんよね。

ワイプ

次の画面が、例えば、上から下へ、表示されます。前の画面と次の画面の境い目のなめらかさや、利用する方向をワイプ画面で調整できます。(さらに詳しく...)

※ ミルノ PC フォトフレーム 1.4.2 から利用できるトランジションです。

ページ切り換え効果「ワイプ」

モノクローム

画面がモノクロ化しつつ、次の画面に滑かに変化 (オーバーラップ) します。ビデオカードに内蔵されている、ピクセルシェーダー という機能を駆使した効果です。

※ ミルノ PC フォトフレーム 1.4.2 から利用できるトランジションです。購入者特典 なので、ライセンスキーを登録するまで、ご利用いただけません。

ページ切り換え効果「モノクローム」

波紋

画面が波打ちながら、次の画面に滑かに変化 (オーバーラップ) します。見てのお楽しみということで、サンプル動画は用意してません。ビデオカードに内蔵されている、ピクセルシェーダー という機能を駆使した効果で、一見の価値ありです。

※ ミルノ PC フォトフレーム 1.4.1 から利用できるトランジションです。購入者特典 なので、ライセンスキーを登録するまで、ご利用いただけません。

ページ切り換え効果「波紋」

今すぐ、無料ダウンロード

ミルノ PC フォトフレーム ダウンロード

ご意見・ご要望など

ご意見・ご要望などは フォームメール から送信してください。
更新情報は、 ブログ でも配信してます。

共有

〔NO_AD||